« 訃報 | トップページ | ぺたんこミニポーチ »

2016年3月 7日 (月)

怪我コハク

「怪我をしている感じのハクチョウがひとりぼっちで居る」

鳥友Tさんとその場所に行くと、左足のかかとから先がないコハクチョウ幼鳥が居ました。

Img_0620

身体をひきずるように動いて採餌していました。

ハクチョウは群れで移動するのですが、この子は田んぼにぽつんとひとりぼっち。

飛べなくて、群れに置いていかれちゃったのかな…

ハクチョウが飛ぶときは、水面や地面を蹴りながら羽根をばたばたし、浮力がついたら飛びます。

なので、足がないというのは大きな痛手です。

Img_8103

この日はどうすることも出来ず、次の日にもう一度見に行くことにしました。

本当はしちゃいけないけど、移動できずに食べてない可能性もあるから、一応食パン一斤を持って行きました。

現地はとてもいい天気。

その場所にコハク幼鳥は居ませんでした。

20160223104613

念のため、前日コハクの居たあたりを歩いてみましたが、何かに襲われたような暴れたような跡もなく、水路に落ちていることもなく。

飛べたのかな…

あの足で?

かなり不思議ですが、少しほっとしたのと、でももしかしたらどこかで弱っているんじゃ?という不安も。

次の日、ハクチョウの群れを探してみましたがハクチョウ自体1羽も探せず、あの足で北へ帰るのは命にかかわるかもしれないと思うと、もんもん。

どうにも出来ないだけに、この気持ちどうすればいいのやー。

とその次の日。

7~8km離れた田んぼで鳥女会Cさんがコハクを発見したと!!

なんとすごい!!

仲間と一緒に採餌して、ねぐらへ飛び立つ様子も見れたと。

もうーーー!!一安心!!

それからはもう発見できず。

たくさん食べて、どうか無事に渡れますように。

|

« 訃報 | トップページ | ぺたんこミニポーチ »

動植物・自然」カテゴリの記事

コメント

飛べなくなったオオハクチョウを見かける事があります。ウトナイ湖にいる飛べないメスは番を作って結構繁殖に成功してるそうです。番になったオスもずっといっしょにいるらしい。

そんなかたちでも生き抜いていってほしいです。

投稿: katakuri | 2016年3月 7日 (月) 20時24分

■katakuriさん♪
こちらでも、酒田で越夏個体で繁殖したことがあるみたいです。
そうやってつながればいいんだけどな。

投稿: そらら | 2016年3月 8日 (火) 09時23分

山形に行く前の事ですが、ウトナイ湖野生鳥獣保護センターで、飛べないオオハクチョウと雛の動画が公開されていて見たことが有ります。白いふわふわが歩いている様子がかなり可愛かったです。本来はシベリアやカムチャッカで繁殖だから珍しいものを見られたと思いました。

投稿: katakuri | 2016年3月 8日 (火) 20時32分

■katakuriさん♪
ハクチョウやガンのヒナってかわいいですよねー!
一度見てみたいものです(o^―^o)

投稿: そらら | 2016年3月 9日 (水) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2084276/64185025

この記事へのトラックバック一覧です: 怪我コハク:

« 訃報 | トップページ | ぺたんこミニポーチ »