« 要注意外来生物 | トップページ | 野草園 »

2016年7月31日 (日)

魅せること

山形市野草園にレンゲショウマを見に行きました。

咲いてたのは1輪だけ…見ごろは8月中旬頃なんだそうです。

下向きに咲く、とても美しい花。キンポウゲ科の花です。

花言葉は「伝統美」

Img_6960

ヤマアジサイ。

全体的な写真がなくてわかりずらいですが、中央部分が「花」で、周りの花に見える部分は「装飾花」と呼ばれます。

ミツバチが来るのは、本物の「花」の部分。

Img_6667

装飾花は、真ん中の花が受粉すると、裏向きになります。

写真下・右下のかたまりは、まだ中央の小さい花が咲いているので装飾花は表向き。

左側の2つのかたまりはすでに装飾花が裏返しになっています。

これを知って超感動!

大きな装飾花で虫に知らせて受粉してもらうんでしょうね。

植物も生き延びるためにがんばってるんだなぁ。

こうやって進化したものが生き残るんだなぁ。

Img_6947
こちらはハンゲショウ。

「半化粧」「半夏生」「片白草(かたしろぐさ)」と言われます。

花期に葉が白くなるのは、虫媒花なので虫を誘う必要から進化したのではないかと言われているそうです。

花期が終わると、葉はまた緑色に戻るんだって。

白くなった葉の下に、ぶら下がったような小さい花があるのが見えますか?

とても地味な花なので、葉を白くして虫にアピールしてるんでしょうね。

これにも感動。

Img_6940

同じような感じで、これはマタタビ。

林や山の道を通ると白くなった葉っぱを見ませんか?それはマタタビかも。

マタタビも地味な花があり、花期が終わると葉が緑色に戻るそうです。

Img_6980
植物の生存戦略、ほんとすごいなぁ。

|

« 要注意外来生物 | トップページ | 野草園 »

動植物・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2084276/66742446

この記事へのトラックバック一覧です: 魅せること:

« 要注意外来生物 | トップページ | 野草園 »