« 小花柄のお薬手帳ケース | トップページ | 背面フリーポケットのやりくり財布 »

2017年4月 7日 (金)

りんご柄

年度末年度初めで、野鳥の会の会計でいろいろ忙しく、まりんのことでさみしくならずにすんでいるほうだと思います。

今年度はもっと忙しくなりそうだけど、昨年度の反省を生かしてがんばるぞー(・∀・)

20170406_113758

生地の整理をしていたら、りんご柄のフリース生地が出てきました。

まりんにハンモックかおくるみか何か作ってあげようとして何年か前に買ったものです。

結局あとまわしにして作らないまま死んじゃった。

思いついた時にやらないと後悔するね。

20170406_135356

昼間は、ミシンを踏んだり野鳥の会の事をしたり鳥見したり買い物したり家事したりで忙しく出来るんだけど、夜寝るときになるとさみしくて、なかなか眠れない日があります。

日常的にまりんを思い出さなくなるまでどれくらいかかるかな。

まだ、何をしてても思い出す。

Img_8352

|

« 小花柄のお薬手帳ケース | トップページ | 背面フリーポケットのやりくり財布 »

日記」カテゴリの記事

コメント

寂しいね!切ないね‼
想い出のあるもの見るのは辛すぎるね。
私まで涙がでそう、、、
そう言えば何年か前に、まりんちゃんとうちのロッキーの絵を描いてもらったことあったよね?
じっと見てあの頃のこと、思い出してた、、、
やはり、時間が解決してくれるのかな?
それまでは辛いけど、頑張ってね。

投稿: kita | 2017年4月 7日 (金) 20時32分

■kitaさん♪
ありがとうございます!
さみしいですね…すごく。
まりんが使ってたものを見るとやっぱり思い出しちゃって切なくなるので、段ボールに押し込んでます。
もう少し気持ちが落ち着いたら整理しようかなって。
きっと時間が解決してくれますよね。今はまださみしいさみしい!って気持ちが強いだけで。
でも、これ乗り越えないとダメな気がするので、今は思い切り泣いたりしてさみしがろうかなと思ってます。

こばさんのイラストですね!
かわいいですよね。
大事に飾ってます♪

投稿: そらら | 2017年4月 8日 (土) 11時23分

こんにちわです☆ミ
そららちゃんは 色々動いてた方がいいのかな 友人は 5年ケージ&オモチャ&その他をそのままの状態で片付けられなかったと言ってましたが(私も2-3年そのままでしたが) すぐ片付けて気持ちのバランス保つ友人も居ましたたので 人それぞれなんだなぁと凄く感じます
お仕事や毎日のことあるかもだけど 感情はそのままに 自然に任せて出しきってあげて下さいね☆ミ

猫とかハムスターと言ってたけど まりんちゃんとショコラン以外で何人 何匹と暮らしてたのかな(^^)
まりんちゃんあのエメラルド色の首輪がとても印象的でしたが 生地と一緒に写ってるお写真見ると 赤と紺のアロハ柄? ポップで明暗ハッキリした柄がとても似合うんですね♪♪
まりんちゃん本当にがんばり屋さんでした 英雄イタチさんです☆ミミ

投稿: 玉 | 2017年4月 9日 (日) 15時04分

■玉ちゃん♪
人それぞれなんだね(´ー`*)
あたしは家の中で仕事してるせいか、まりんを思い出すようなものがあると仕事にならなくなっちゃうんだよね。なのですぐ片付けました。
感情を我慢すると爆発しちゃうから、少しずつ出して行かないとね。悲しい時は泣く、思い出したら懐かしむ。
まだ懐かしむまで気持ちが行かないけど、時間が解決してくれると思います。

小さいころから猫は何匹も飼ったよ~♪
子どもも産ませたりして。
あとはハムスター・モルモット、かな。
あと…小学校低学年の時は、巣からスズメのヒナ奪って来て飼ったり、そのへんのネズミ捕まえて飼ったり(;´・ω・)
これはすぐ死なせちゃいました(;´・ω・)今思えば悪い事した(;´・ω・)

投稿: そらら | 2017年4月10日 (月) 10時39分

そっかおうちが職場だと なかなか切り替えられないかも★ 便利なことばかりじゃないんだね汗
猫の出産現場!! いいなぁすごいなぁ 動物の出産現場立ち会ってみたいです 一生の憧れ

スズメ苦笑 こばさんも凄いことしたみたいだけど やっぱり野生の生命にダイレクトに触れて学んでる人達は 生命に対する見方が違うよね 食物連鎖の構図や 全ての動物がいて人間が成り立ってる構図が頭の土台にあってお話してるというか
今の効率化&生産化が行き過ぎた時代に生まれた子供たちが 生き物や大自然との調和に気づかないまま大人になってしまったら大変だろなと感じます
話それちゃいましたが笑 スズメ雛なら親が放棄したのか訓練中だったのかわかりませんが 私も何度か拾いました 怪我してた子は兄が飛べるまで育てたり お別れした後も勝手に家に来たりして 楽しかったな(^^)
そららママ 沢山の親だったんだね♪

投稿: 玉 | 2017年4月12日 (水) 14時09分

■玉ちゃん♪
猫はね、1回目はいつの間にか生まれてて、2回目は妊娠してるのも気がつかず(毛の長い猫だった)朝起きたらコタツの中で産んでた笑
その時は5匹産まれて、1匹はコタツの外で死んじゃってたんだ。死んじゃってた子は三毛だったから♂だったのかな、今思えば。時代だね。
昔は、猫が子ども生んでもけっこうもらってくれる人がいたのよね。今は、完全避妊・去勢じゃないと難しいと思う。
次にもし猫を飼うことがあったら、ちゃんと手術して、完全室内外にします。

玉ちゃんもいろいろ飼ったんだねー!スズメ巣立ちまで出来るとはすごいよ!
あたしなんてヒナに米あげてたからね(;´・ω・)ヒナなんて虫しか食べないのに(;´・ω・)
子どもだから、単に自分のものにしたい欲に勝てなかったんだろうなって思う。命としては見てたけど、その前にかわいくて欲しかったんだよね。
ほんと悪い事したー(;´・ω・)
言い訳だけど、子どもってそうやって学んでいくんだと思う。命を少し犠牲にしながら。

投稿: そらら | 2017年4月12日 (水) 16時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2084276/70180451

この記事へのトラックバック一覧です: りんご柄:

« 小花柄のお薬手帳ケース | トップページ | 背面フリーポケットのやりくり財布 »