« 幼稚園ご入園グッズ | トップページ | しっかりめのバッグinバッグ »

2018年11月12日 (月)

県民の森探鳥会→東黒森山

さて、県民の森の探鳥会。

ガスってる市内を抜けて山道を登ると、いきなり晴天!

もしやこれは…と展望台に行くと、やっぱり雲海♡♡♡

雲海って初めて見た!

Img_2272

写真を撮っていたら、会員さんが来て「すごいねー!」って。嬉しかったな。

ほんとすごいねー!

Img_2275

終わりかけの紅葉の中での探鳥会。

うーん、冬小鳥が居ない。

カモたちはちらほら。オシドリの群れって派手で迫力あるね。

Img_2281

キトンボ。

ここら辺ではちょっと珍しいらしい。

トンボ好きな鳥友さんが教えてくれました。

Img_2280

探鳥会が無事終わり。

いや、無事じゃない。

わからない鳥の声が。「じー じー」って感じの地鳴き。めぼしい鳥の鳴き声CDを聞いてもわからない。

この1週間前にも県民の森に来たんだけど、ほぼ同じ場所でもこの声を聞いていて、姿も一瞬みたのよね。黒っぽい(グレーかも、褐色かも)小鳥だったのよね。

わからないのは悔しいな。

そして記憶が曖昧になってゆく…笑  

オシドリ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、オオバン、コゲラ、アオゲラ、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ゴジュウカラ、アトリ、ホオジロ(23種)カワラヒワ、ハシボソガラスもいたそうです。

探鳥会後、県民の森から登れる山、東松森山で山歩き。

と、その前に家族広場でお弁当を食べました。

テントウムシがすごく多くて、お弁当を食べているそばからぶーんと飛んできてジャケットにくっつく。

見渡す限りで何百匹って数が壁にいるから、嫌いな人は叫ぶレベルだろうな。

くっつくのはいいんだけど、ジャケットのシワに挟まってつぶれちゃいそうだし、それに地面にもうようよしてて踏みそう…

何匹かは踏んじゃってるかもしれない。

カメノコテントウ。大きいんだなぁ。

Img_2282

あとから図鑑を見たら、ナミテントウは集団越冬するんだって。そして、模様のバリエーションがたくさんある。

これ全部ナミテントウなのかも。

Img_2289

休憩したあとは、東松森山へ。

Img_2302

やはり終わりかけの紅葉、赤と黄がきれい!

Img_2294_2

Img_2312

Img_2316

Img_2300

761m、東松森山の頂上♪

Img_2306
コハクチョウ、カルガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カイツブリ、オオバン、コゲラ、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ(13種)

山歩きするようになって、カラ類の地鳴きのバリエーションの多さをひしひしと感じます。

特に、ヒガラとコガラは平地にはそんなにいないから、すごく勉強になる。

ヤマガラもいろんな声出すしね。

カラ類マスターしたいなぁ。

|

« 幼稚園ご入園グッズ | トップページ | しっかりめのバッグinバッグ »

動植物・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2084276/74566676

この記事へのトラックバック一覧です: 県民の森探鳥会→東黒森山:

« 幼稚園ご入園グッズ | トップページ | しっかりめのバッグinバッグ »