« 千歳山 | トップページ | シカ問題を考える »

2018年12月11日 (火)

蕪栗沼

宮城県蕪栗沼周辺へ鳥見へ。

ガンのいる風景、いいねー。

092a1407

092a1465

カリガネ。

092a1609

092a1594

ハクガン。

092a1552

シジュウカラガン。

092a1623

オオヒシクイ。

092a1469

マガンの白い部分の面積の個体差、けっこうあるのね。

真ん中の子はちょっとアイリングも見えて、一瞬カリガネかと思ったよ。

092a1597

ベニマシコ♀

092a1416

ジョウビタキ♀

092a1483

ツートンなオオハクチョウ

092a1497

すごい顔して冬芽を食べるシメ

092a1516
蕪栗沼のヘラサギ、喉元が赤い。

ケガ…?

092a1489

オオヒシクイ、マガン、ハクガン、シジュウカラガン、オオハクチョウ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、キジバト、ウ、アオサギ、ダイサギ、ヘラサギ、オオバン、タゲリ、トビ、チュウヒ、ハイタカorオオタカ、ノスリ、カワセミ、アカゲラ、チョウゲンボウ、モズ、オナガ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、シメ、ホオジロ、アオジ(39種)

|

« 千歳山 | トップページ | シカ問題を考える »

動植物・自然」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、チュウヒいるんですね。私も数回行ったときに毎回見たので。

投稿: katakuri | 2018年12月11日 (火) 18時48分

■katakuriさん♪
ハイチュウも入るときあるみたいですが、あたしは見たことないです笑
猛禽が葦原に入っていくって、なんかすごく変な気分です。

投稿: そらら | 2018年12月11日 (火) 19時31分

そうですか、私は『確かに図鑑に書いてある通りの飛び方だなあ』とか『やっぱり餌探すときは風上に飛ぶんだね』とか思ってて草原に入るのは特に変に思いませんでした。

ただ巣も葦原の中の地上というのがかなり違和感を感じます。

チュウヒの大陸型は2回見たことありますが撮れてないのが残念です。

投稿: katakuri | 2018年12月12日 (水) 16時49分

■katakuriさん♪
大陸型とか聞きますが、全然わからんです。
もう少しチュウヒたくさん見て見慣れたいです笑
巣が地上っていうのはすごいですよね!

投稿: そらら | 2018年12月12日 (水) 18時08分

大陸型は白と黒のツートーンで見たら絶対わかると思います。
巣が地上だとキツネとかのリスクありそうですけどね。

投稿: katakuri | 2018年12月12日 (水) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2084276/74740859

この記事へのトラックバック一覧です: 蕪栗沼:

« 千歳山 | トップページ | シカ問題を考える »