« 北海道の旅⑤千歳 | トップページ | ミニポーチ »

2018年12月 2日 (日)

北海道の旅⑥おわりに

鳥友さんからいただいたハスカップジュエリー。

これがおいしいの!

いや… うめぇ!!!笑

酸味と甘さが絶妙!

柔らかいの!?固いの!?

とにかくおいしかったです♪

今回は、ピーチ航空の一番安い運賃「シンプルピーチ」で行ったため、預け荷物なし(追加料金で預けられる)、機内に乗せられる荷物は手荷物を含め7.0㎏以内。

一眼レフカメラを持って行かなければ4kg以下で余裕なんだけど、一眼を入れると多少オーバー。

そこから軽量化の軽量化の軽量化をして(これだけでblog記事1記事分になるくらい。ない知恵をしぼった笑)、なんとか7.0kg以内に収めました。

帰りも同様なので、親戚にだけ最低限のおみやげを買ったくらいで自分のものは何も買わず。

寄ったオルゴール館で木のどうぶつオルゴールが欲しかったんだけど、7.0kgオーバーになるからと我慢したんだよね。ま、値段が高かったのもあるけどさ笑

というわけで、ハスカップジュエリーは唯一の自分へのおみやげになりました♪

六花亭の「雪やこんこ」が大好きなんだけど、あたしの中でそれを超えちゃったな…笑

Img_2653

北海道は広葉樹の葉がほとんど落ちてたけど、山形はまだ少し赤みの残る山が見えて、飛行機という文明の利器のすごさを再実感。

北海道にはスギが自生してないこともびっくり。

カキの木もない。山形には野良柿がいっぱい!笑

鳥も、シロハラゴジュウカラやハシブトガラと本州にはいない鳥が普通にたくさん見れて、小さな島国日本でもこんなに違うんだなって。

鳥見をしてなかった8-9年前に行った北海道では気づけなかったことを、今回の旅でたくさん気づけました。

楽しかった!

また行きたい!

次はバリューピーチで!笑

おしまい

|

« 北海道の旅⑤千歳 | トップページ | ミニポーチ »

動植物・自然」カテゴリの記事

コメント

ハスカップジュエリーは昔日航で機内で出すお菓子だったことがあります、その頃は一種しかなかったけど今は3種ありますね。以前に差し上げるお菓子としてこれも考えたけど夏だったので側のチョコが溶けるとまずいので雪鶴にしました。真夏でなかったらこれを送ったと思います。

投稿: katakuri | 2018年12月 5日 (水) 02時44分

杉は道央ではまれに数本あることもあります。もしかしたら函館付近だとまとまった数植えられているかもしれません。柿の木は北海道の多くの地域では冬の寒さでダメだと思います、サトイモも見ないです。
直線距離で比べると山形と東京のほうが山形と千歳より近いからいろいろと違いは大きいと思います。

投稿: katakuri | 2018年12月 5日 (水) 02時51分

■katakuriさん♪
鶴のお菓子もおいしかったですよー!
あの時はありがとうございます!
里芋もないんですね…!!
じゃぁ芋煮は食べないんですかね…!!

投稿: そらら | 2018年12月 5日 (水) 20時34分

里芋使った料理はしますよ。山形のような芋煮はポピュラーではないかも。屋外で多人数で食べるのは通常はジンギスカンです。長沼のかねひろのジンギスカンはおいしいので機会があれば食べていただきたいです。

お菓子屋のもりもとは旭川のイオンにもあります(駅前もバイパスのほうも)。

ところで芋煮では丸十のあれを使うのが標準なのでしょうか?

投稿: katakuri | 2018年12月 5日 (水) 23時09分

■katakuriさん♪
里芋は食べるんですね♪
芋煮は、基本アジマルジュウ使いますが、人によって違うかも。うちは通常使う醤油もアジマルジュウです♪

投稿: そらら | 2018年12月 7日 (金) 17時48分

ああ、そうなんですね。そちらにいたときに、現地の方と芋煮をすることがなかったものでききました。すっきりしました。

投稿: katakuri | 2018年12月 8日 (土) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2084276/74669566

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道の旅⑥おわりに:

« 北海道の旅⑤千歳 | トップページ | ミニポーチ »