« 蕪栗沼 | トップページ | ノスリがシマヘビを食べてた »

2018年12月12日 (水)

シカ問題を考える

山形県みどり自然課主催「シカ問題を考える」研修会に行ってきました。

県森林研究研修センターの方の事例報告と、「シカ問題を考える」著者 高槻成紀氏の講演会の2本だて。

Sika2

2009年あたりから山形県でも目撃され、増えているニホンジカ。

山形にはいないと思っていたニホンジカ。

かわいいニホンジカ。

山形の豊かな植生が崩壊する前に、動物に罪はないがシカを減らさなきゃいけない。

一筋縄ではいかないし、お金もかかること。

また、行政と猟友会といろんな機関が絡んでくる問題。

どうしてシカが爆発的に増えるのかもよくわかり、めちゃくちゃ勉強になりました。

行ってよかった。

シカが増える時期に差し掛かっている「今」しかないよ山形県!

んで、めちゃくちゃ緊張したけど、講演会の質問タイムに「オオカミ導入についてどう思われますか?」の質問をしました。

声震えたからねまじで…笑

もうちょっと勉強しようと思って、帰りに図書館で借りた本が2冊。

Sika

「シカと日本人」を読むと、研究者によっていろいろ見解が違うんだなぁということがわかりました。

どちらが正しいかとかじゃなく、考え方や可能性がいろいろあって、なかなか結論や方向性が出ないことなのかと。

「シカと日本人」は、歴史にも触れ「奈良の鹿=ナラシカ」についてのことが多く書かれていて、これもまた勉強になりました。

ちょっと奈良に行ってシカを見てみたくなったな。

|

« 蕪栗沼 | トップページ | ノスリがシマヘビを食べてた »

動植物・自然」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

同僚に狩猟する人がいるんだけど、年内は鹿撃ちは自粛してほしいという要望をされたんですって。例の恵庭の事件のせいらしい。

投稿: katakuri | 2018年12月12日 (水) 16時30分

■katakuriさん♪
ああ… そうですよね…。

投稿: そらら | 2018年12月12日 (水) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シカ問題を考える:

« 蕪栗沼 | トップページ | ノスリがシマヘビを食べてた »