« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

ゆく年くる年

2019年、一年あっと言う間でした。

ダブルワークしてるからなんだろうな、時間の流れが速かった。

発見も多く、とても充実していて楽しい一年でした。

来年もよろしくお願いいたします!

いちごのブックカバーです( ´艸`)

092a5760

表はYUWAいちご&ぴんくドット生地♪

092a5756

周りをレースで囲み、厚手の芯を貼っているのでしっかりした作りです。

092a5757

内側はピンク無地&チェック♪

092a5761 092a5758


| | コメント (2)

2019年12月10日 (火)

レースとリネンの辞書カバー

レースとベージュのハーフリネンの辞書カバーです♪

持ち手とマジックテープの留めつきです。

092a5747

092a5749

辞書ケースにジャストサイズのものがなかったので、手持ちの図鑑を3冊入れて撮影しております笑

092a5750

しおりを2本つけました。

092a5753 092a5755 092a5751

オーダーいただいたリピーターの静岡県あいさまより、お写真とコメントをいただきました♪

商品届きましたー!!!
毎回毎回とても素敵で、うっとり笑笑です!!!
サイズもジャストサイズで重たい辞書を入れてもしっかりしていて♪
デザインもそららさんにお任せして正解!!!
すごく私好みで♪
また色々頼みたい物がたくさんありますのでよろしくお願いしますね!
毎回とても素敵な物を作っていただきありがとうございます♪

468

レース×リネンの品がたくさんの生活になりそうですね♪

お嬢さま分もありがとうございます!


 

 

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

日本野鳥の会山形県支部ツアー:道央の冬鳥に会う旅③

最終日、野幌森林公園。

幻のキツツキ、クマゲラ!!

3羽いるよって、現地の方に教えてもらって3羽とも見れたよー!

奇跡だよー!笑

感無量ですがな!

092a6373

092a6308

092a6102

羽の内側は灰色っぽい。

「ケアシ」なキツツキなのね。

092a6314

木の皮ばりばり。

092a6118

ぼろっ

092a6246

クマゲラを見た最初の感想。

「でっか!!!」

アカゲラと比べると体長2.5倍くらいある?

とにかくでかい!飛ぶと、「小さめのハシボソガラス?」って見える。

092a6303

同じ木に長い時間いたり鳴き声を聞けたりでまともに観察出来て、なんかもうすごかったわ(語彙力)。

北海道道央の旅、2泊3日じゃ足りないけど楽しかったです。

乗り物酔いしない身体になりたい。これ切実。

ガイドのkatakuriさん、支部長、ツアー参加の皆さん、ありがとうございました♪

次に北海道へ行くときは、エゾライチョウ、ミヤマカケス、シマエナガが見たい!

エゾライチョウ(c)、マガモ、カワアイサ、クロガモ、ホオジロガモ、カンムリカイツブリ、シロカモメ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、エゾフクロウエゾヤマセミ、エゾコゲラ、オオアカゲラ、アカゲラ、クマゲラ、ヤマゲラ(c)、カササギ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、コガラ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、シロハラゴジュウカラ、キタキバシリ、ミソサザイ、ツグミ(c)、ウソ、ミヤマホオジロ(33種)ツアー自体ではもっと見れてますが、自分で確認できたのは33種です。

ライフリスト270種(亜種17種)になりました♪

おしまい

 

 

あ!

会社へのおみやげにロイズのお菓子詰め合わせをパッケージ買いしちゃった♡

鳥も含めた野生動物がたくさん描かれてるよ。

かわええ♡

Img_20191202_125304side

| | コメント (3)

2019年12月 5日 (木)

日本野鳥の会山形県支部ツアー:道央の冬鳥に会う旅②

住宅街でカササギ♪

092a6028

ハシボソガラスをしゅっと一回り小さくした感じのサイズで、飛び方や尾羽の広げ方はオナガと似てました。

092a5983

鳴き声も、独特のカシャカシャ音に加え、オナガのような「ぎゅい」音も。

↓どんぐり食べてる。

092a5984

あまりのかわいさに

飼いたいと思ってしまった。

(いけません)

092a6026

海沿いの河口では、オジロワシとオオワシがわちゃわちゃ。これぞ北海道…!

山をバックにオオワシが飛ぶ姿は「かっこええ!!」しか出てこない。

オジロワシの若い子は、ハシブトガラスに尾羽をつんつんといたずらされて羽をばたばたしてました。

ナメられてるんだろうなー笑

海沿いでは、海ガモやウミスズメ・アビなど見れたようですが、乗り物酔いでこのへんの記憶があまりなくて(´;ω;`)

お昼は、鳥見時間を考慮してセイコーマートで買って車中食だよ。

焼うどんの小さいパックが110円!安い!保温されてる昆布のおにぎりも大きくておいしかったー。

セイコーマート大好きだわ。

Img_20191130_113743

その後、神社に。

エゾフクロウ♪

092a6029

2羽がつかず離れず。

092a6039

ころんとしててかわいい。

本土のフクロウよりまるっこく見えるのは冬だからなのか、気のせいなのか。

092a6052

その後、チュウヒ&コミミズクポイントへ行きましたが見られず残念。

鳥屋がいっぱいいたなぁ。

葭原が広がっていて、堤防の向こうは海。とても気持ちいい場所でした。

「広い空間を見渡すのに便利だ」と支部長が用意していた双眼鏡を固定する手作りの道具が、いろんな意味で神がかってました…!笑

ガイドをしてくれたkatakuriさんとはここでお別れ。

下見も行っていただいて、道中も丁寧に説明してくれてありがとうございました♪

久々に会えて嬉しかったですー!また一緒に鳥見しましょ!

↓katakuriさんが準備してくれてたおみやげ♡

Img_20191129_183615

一同、温泉宿へ。

夕食ね…

乗り物酔いでね…

茶碗蒸しとお刺身しか

食べられなかったの…(´;ω;`)

いつもならぺろりだよ?(´;ω;`)

無念すぎる…(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)

せっかくの温泉宿なのに、温泉につかる気力もなくそのまま就寝(´;ω;`)

Img_20191130_182945

つづく

| | コメント (5)

2019年12月 4日 (水)

日本野鳥の会山形県支部ツアー:道央の冬鳥に会う旅①

行くぜ北海道!

ということで、支部のツアーに北海道へ7人で行ってまいりました( ´艸`)

他の方より何日か早めに行って単身赴任の夫に会いに行こうと思って計画を立てていたら「訓練で会えなくなった」ということで、飛行機のキャンセル料が5000円かかったぜ!笑

集合&出発は、おいしいやまがた空港。正式名称です!笑

1時間ほどで新千歳空港に到着、すぐにガイドのkatakiriさんと合流。

katakuriさんは北海道出身で、数年前、山形に2年程お仕事で来られてる間に山形の支部会員になりました。

katakuriさん&支部長のWガイドでこわいもんなしだわ!いやまじで!

最初に向かった探鳥地では、まず亜種エゾヤマセミー♪

川を泳ぐサケ(「シャケ」と言ったら「食べ物みたい」って言われた笑)も見れました。

夕方からの探鳥だったから、すぐに暗くなってしまってこの日は終わり。

8人でホテルへ向かい、夕食~♪

Img_20191129_181050

次の日起きたら、ホテルの窓から工場の煙突が見えて、なんだか絵画みたいー!

窓枠の結露がまたいい味出してる笑

Img_20191130_065932

前日に乗り物酔いをしてしまい胃がむかむかして、いつもならがっつり食べる朝食はおさえぎみに…(´;ω;`)

でもあったかい豆腐がおいしかったよ。

Img_20191130_070558

気を取り直して!北大演習林へ。

エゾリス♪

かわええ!!

ぬいぐるみかよ!!

そして近すぎ―!!足元も走り抜けて行くよ。

それもそのはず、餌付けされてる。

ヒマワリの種がそのへんに散らばってました。

092a5872

いやでもめちゃくちゃかわいい。ほわっほわ。

092a5880

ハシブトガラ、だと思って疑わずに撮ってた個体が、

092a5815

家に帰って写真を確認したら、

なんとコガラ。

笑った笑った。

092a5827

亜種シロハラゴジュウカラ♪

092a5856

亜種キタキバシリーーーっっっっ!!!

これめちゃくちゃ近かったの!近かったの!(2回言った)

胸とお腹が真っ白で、背中の模様がまた美しい…!!

このコントラストよ。

092a5906

見て見て!第1趾(後趾)の爪が他の趾に比べて倍くらい長い。

木を垂直に登っていくのに、キツツキとは違って前(上?)に3趾なんだなぁ。

092a5923

亜種エゾコゲラ。

092a5950

風切音がびゅんびゅん聞こえるくらい、カラ類が近くて幸せでした。

そしてエゾライチョウの声も聴けたよー!

ライチョウとは全然違うのね。

姿を見てないので、ライフリストにはカウントしてないけど、嬉しかったな。

山形では山に行かないと見れない鳥が、北海道では平地で見れる。

それだけでもう特別な感じ。

つづく

| | コメント (6)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »