庭&畑

2019年4月20日 (土)

庭畑

去年秋、庭畑にコマツナを植えて、少し食べたんだけどそのまま雪が降り、雪の下で越冬。

春になり、とうが立ってまたおいしくいただき、これでラスト。

20190420-094232

ゆでて、パスタに混ぜ込んでお昼ごはんにしました。

冷凍パスタだけどね笑

NISSIN「海老とほうれん草のトマトクリーム」

具が少ないから足すのだ。

20190420-114643

一人分のスパゲッティをゆでるとか、ちょっと面倒なんだよねー(;´・ω・)

なので、けっこう冷凍パスタを利用してます。


 

自分の畑で採れた野菜でつくるお味噌汁、ほんとしあわせごちそうなのよ♪

コマツナとニンジンとモヤシとミョウガのお味噌汁。

Img_0042

庭畑には、薪ストーブで出た灰とぼかしたい肥を入れて耕しました。

ニラとネギは、越冬して春になって生えてきたお財布に優しい子たちです。

パセリも出てきたけど、2年目だからすぐ花が咲きそうだな。

来週、野菜の種をまくぞ~♪

20190420-111055

 

| | コメント (0)

2018年12月17日 (月)

庭畑

秋まきした野菜たち、けっこう収穫できました♪

大根は大きくても30㎝くらいにしかならなかったけど、柔らかくておいしい。

自分で作ったという満足感(勝手に大きくなるんだけどね笑)、無農薬だし~♪

ほうれん草、小松菜、春菊は、間引きの時期を誤ってあまり育たなかった(;´・ω・)

ぼちぼち採れたかな、くらい。

これは来年の課題ね。

Img_20181126_160839horzvert

大根はたくさん採れたので、柚子で香りをつけてかんたんたくあんに。

干す必要がないから楽ちん♪

20181201_164515

葉っぱも皮も使うよー!

干したり、茹でて冷凍したり。

Img_20181127_103420horz

庭畑楽しいわ。

お味噌汁が大好きなんだけど、自分で作った野菜で作るお味噌汁を食べる満足感と言ったらもう…!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

野菜の芽

蒔いた秋野菜の芽がぞくぞく出てきた( ´∀` )

芽が出ているものは、奥から 大根、ほうれん草、小松菜、春菊。

すでになっているものは、ナス、ピーマン、ネギ、ニラ。

いちばんもりもり芽が出てるのは小松菜で、これは種が小さくて上手に蒔けずに蒔きすぎた(;^ω^)

Niwahatake

8月中旬に植えた種は暑さでだめだったようでちょこちょこしか芽が出ず、8月下旬に蒔き直しをしてその芽が出た感じ。

今からは虫との闘いかな。

食卓に上がる野菜のすべてを無農薬にってかなり難しいと思う。なので、家で作る野菜くらいは無農薬で。

早く食べたーい!笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

収穫と種植え

7/6に植えたナス(上つ)とピーマン(下つ)の苗。

外構工事が終わってから植えたので、時期が遅くなってしまい、育つかな…と心配していたものの、

Hatake_2

今やもっさもさだし!笑

もっと離して植えればよかったくらいだし!笑

左側がナス、右側がピーマン。

植えてから調べてわかったんだけど、ナスとピーマンは隣に植えないほうがいいんだって(;^ω^)

そのせいなのか、ピーマンは生育不良で花は咲くけど実がならない…(´;ω;`)

白くてかわいい花なのでこのまま楽しむか、でもナスのことを考えるとひっこ抜いたほうがいいのか、悩んでるところ。

Hatake_1

朝採りナスだよ♪

いやーーー収穫の喜びって半端ない!

Hatake_5

葉大根も植えてみたらぐんぐん伸びてたくさん収穫できたので、お向かいさんやじーばーへ。

Hatake_3

自分の畑で収穫した作物でお味噌汁を作るしあわせ…♡

葉大根とナスとシメジ。シメジは買ったけど笑

お椀は色がはげてぼろぼろなんだけど、気に入ってずっと使ってる。

Hatake1_4

ちなみに、お味噌は去年仕込んだもの。やっと食べられるー!

Hatake1_3

頂き物の野菜もあったので、食べきれなくて天日干し。

トマトは2日干せばセミドライでとても甘くなるので、そのまま食べてもおいしい。

ウチに遊びに来た友人の子ども小2男子は、干してるところを「食べてみる?」とちょっとあげたら「もっと食べたい!」とばくばく食べてたよ笑

Hatake1_1

さて、秋野菜は何を植えようかな~といろいろ考えてこの4種+パセリに絞りました。

Hatake_4

ニラはおむかいさんからの株分け。

Hatake1_2

育てるのも食べるのもおすそ分けも楽しみーーー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)